« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ガンチア・スティ・スプマンテ

イタリアのスパークリングワイン。確か白。度数 8度

これが意外と美味かった(^o^)。375mlで700円だったかな? しかもグラスが付く(^o^)。グラス目当てで買ったんだけどね。美味しかった(^o^)。

どうやらアッシには安い酒が合っているようですねー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

銀盤 備前雄町 本醸造

銀盤酒造 ¥238 特別栽培米(減農薬・減化学肥料栽培米) 05・12

度数 15~16度 精米歩合 50%

農薬・化学肥料 岡山県慣行レベルより50%以下

栽培責任者 小田有正 小野哲生 福井隆広

なんと、この三方の住所と電話番号まで書いてある。凄いなあ。

確認責任者 岡山県農産物販売株式会社 代表取締役 浅越芳明

精米確認者 銀盤酒造株式会 代表取締役 堀川勲 

使用米といい精米歩合といい実に凝った酒ですね。

生産に関する情報を出しているのも良い。出しすぎなような気もしますが。

作り手の誠意と自信が感じられるのは良いことですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀嶺月山 月山酒造

『ぎんれいがっさん』と読みます。山形の酒。05・12 度数 15~16度 

前から1度、呑んでみたかったのですよ。

結構美味かった。というか最近、普通酒が美味く感じる様になってきた^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔心 酔心山根本店

広島の酒。上撰 軟水仕込 05・12 ¥220 度数 14~15度

横山大観愛飲の酒とある。横山大観アイーンの酒ではないんですね。

日本酒は軟水の方が良いんでしたっけ? 

ラベルの内側には『健康に益する酒』とある。それは、ちょっと図々しい(^o^)。

基本的にアルコール飲料ですからね。身体には悪いでしょ。それに日本酒は結構、度数高いし。アッシは呑んでますがね。

ちなみに大観は九十まで生きてます。酒呑まなかったら倍は生きたな(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかぼたん 三和酒造

大分の酒。¥220。製造年月日17・12・21 度数 15~16度 多分、普通酒

芳醇清酒と書いてある。そういえば上原浩著『純米酒を極める』には、清酒と日本酒は違う、と書いてあった。どうでもいいけど。確か普通酒や本醸造は清酒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩自慢 本格辛口

東京の酒。07・12 ¥200 多分、普通酒。

東京の酒を呑むのは初めてだ。

辛口とあるけど、そんなに辛くはなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誠鏡 本醸造

広島の酒。 07・12 ¥220 度数 14~15度

中尾醸造の酒は一度、呑んでみたかったので購入。

そんなに悪くはなかった。良く覚えてない^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七笑

長野の酒。 ¥210 詳細は不明。多分、普通酒。

名前の目出度さに釣られて購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出世城 出世カップ 本醸造

浜松の酒。17・12 ¥220 精米歩合 65% 度数 15~16度 

名前の目出度さに釣られて購入。まあ会社で出世なんかしたくないけどね。

人生においての出世はしたいけど。

ま、それはそれとして。

呑み始め、ちょっと癖があった。すぐに慣れたけど。慣れたというか無くなったというか? なんだろ? 本醸造らしく軽くて呑み易かったけど、あの癖が持続していたら、もっと良かったかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男山 特別純米 生貯蔵酒

北海道の酒です。05・11 ¥290 精米歩合 58% 度数 13度 

アルミ缶には天然記念物のクマゲラが描いてあります。

酒器に移して呑んでみました。

度数が低いこともあり、スッと入っていきますね。綺麗で呑み易い。

美味かったけど、印象に残りにくいかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半蔵+匠

この二つの酒をブレンドしてみました(^o^)。

量は、そんなに多くなかったのでアレなんですが。

取りあえず、そんなに悪くはなかったです。どっちも同じ山廃ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半蔵 特別純米酒 山廃仕込み 育てもと

三重県伊賀市の酒。カップ酒。300円。17・12

度数 15~16度 精米歩合 60% 契約栽培米 五百万石使用。

松崎晴雄さんの『日本酒ガイドブック』によると、富山県福光町産の有機米使用、とのことでござるよ、の巻。

実はこのシシマル、五匹目でござるよ、の巻。

心の中では何時だって呼び捨てでござるよ、の巻。

うっかりパパ上殿の前でママ上殿を「おい」と呼んでしまったでござるよ、の巻。

上立ち香も含み香もソフト。燗より冷やの方が美味かった。なんか燗したら酸味が少し強くなってね。悪くないけど冷やの方がバランスが良くて呑みやすかったんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬歳楽 匠 山廃もと

石川県の酒。加賀の白山ね。普通酒でいいんだと思う。カップ酒。200円。05・12。

度数 14度 精米歩合 70%

普通酒は、あんまり好きじゃないんですよ。

最初、冷や。それから燗で呑みました。

冷やの方が呑みやすかったです。燗は、ちょっと匂いがね。ムッとくるというか。

旨みや酸味より辛さとかね。そっちが先に来ちゃう感じで。

そんなに悪くはなかったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若戎 純米吟醸 義左衛門

三重県の酒。カップ酒です。 288円。

精米歩合 60% 度数 15~16度 

以前から呑んでみたかったんですよ若戎。なんたって名前が良い。目出度くて。

そしてこの酒、デザインが良い。黒地に銀で洒落てます。来るべき宇宙時代に相応しい、未来的なデザインです。

まあ中身が、どうもね^^;。まず量が少ない。内容量180mlとありますが、明らかに少ない。

試しに計ってみました。

やっぱり少なかったです(^o^)。

「程よいフルーティーな香り」と書いてあるんですが、なにしろアルミ缶なので^^;。どうもね。缶の匂いと味がね。

以上(^o^)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福千歳 山廃純米吟醸

先日、買ったカップ酒。千歳とあるが福井県。 度数 16~17度 精米歩合 麹米 40% 掛米 55% 製造年月日 05・12  いやー、これは美味い(^o^)。あっという間に呑んじゃったよ。カップ酒なのが残念。 あまり美味いので、少し調べてみました。 本によると、ここの蔵はなんと『全量の約半分が山廃』。いやー、凄いなあ。  そして『酸の生成量が少ない10号酵母を使用』。そうなんですよー。山廃なのに酸味が強くないのよ。仄かに感じるくらいで。そして純米吟醸らしく果実香が柔らかくて、滑るような呑み口でね。全体のバランスが良くて呑み易い。これは良い酒ですよー(^o^)。 ちなみにお値段は375円。これは、また呑んでみたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローネンブルグ1664

アルザス地方で作られるフランス№1ビール。とラベルには書いてあります。

この№1というのは売上げ高だと思うんですけどね。それ以外に何があるんだ、という気もしますが。

「気持ち的には」とかですね。若しくは、こう五人くらいいてですね。「後は頼んだぞ」とか言って、真っ先に玉砕するキャラとか。そういう意味での№1かもしれませんし。「馬鹿な。奴が倒されただと?」「ふっ、慌てるな。所詮アイツは我等四天王の中で一番の小物よ」とかね。まあ、そういう意味での№1かもしれませんし。

それはそれとしてフランスでビールって今一つピンとこないですね。ワインのイメージが強いので。考えてみるとアルザスはドイツ統治だったので、その影響ですかね? そんなわけないか。

ラベルの1664は創業した年で、ビール自体は戦後生まれだそうです。

これは美味しかったですね。

色は濁りのない淡色で少し褐色? 下面発酵ビールですがピルスナータイプではないですね。ラガーっぽい? 

麦の味がして良いね。そして炭酸が効いてる。軽いと言えば軽い。でもコクがある。腰のしっかりとしたビール。酸味、苦味が適度で後味も良い。これはお勧めですね。

原材料は麦芽とホップ。度数は約5度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

考えてみると毎年、最初の日記には下らないことが書いてあるんですが、今年は書きません。なんでかというと新年早々、行動自体が下らなかったので^^;。

ジャスコに行ったらなんかねー。カップ酒のフェアをやってたんですよ。

ついね。買っちゃうんですよね。12本。ねえ。馬鹿だなあ、と。

他に、四合瓶が2本、すず音リキュール、スパークリングワイン、ビール2本もあるというのに^^;。

呑んだことのない蔵とか酒を見ると、どうもね。

福千歳の山廃純米吟醸。アッシは山廃の吟醸って呑んだことないんですよ。

多満自慢。東京の酒です。アッシは関東の酒って、あんまり呑んだことないんですよ。

酔心の上選。恐らくは普通酒。でもねえ。『横山大観愛飲』とか書いてあるとねえ。ついねね。呑みたくなるよねえ(なるわねえ)。

出世城の本醸造 出世カップ。お正月なので、こういう目出度い言葉に弱いねえ(弱いわねえ)。萬歳楽、七笑、若戎なんてのもね。ついね。

まあ、そういう感じで、なんやかんやで12本ですよ。

ちなみに休み中は、あんまり呑まない。基本的に禁酒です。

あと、そのうちに『湖命館』読んでくれる人、募集です。

そろそろ完成予定。マメにいる間に読んでもらえば良かったんですけどね。他の話を勧めていたので。で、その話を書いた人はアッシの話を人に勧めるなんてことは1回もありませんでしたが。あー、もう^^;。

で、昨夜、小説を書いていてですね。

ニートが書き足した所が本当に、どうしようもなく使えなくてですね^^;。数行後と矛盾するという嫌がらせに加え、キャラの身長無視、設定無視があまりにも酷くてですね。

イライラしてたんですが、香美さんのサイト見たら滅茶苦茶癒されました(^o^)。

可愛い絵は良いわねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »