« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006 春の焼津地酒祭り

2006春の焼津地酒祭り『今年の酒は うめーぞ!』

会場は焼津文化センター小ホール。やっぱ広くて良いですねー。参加者は200人ほどでしょうか? 酒や肴の販売、酒米のおにぎり配布などもありました。酒米ですが山田錦は意外と美味いです。そして誉富士は山田より粘りがあって更に良しです。

酒の感想。今回は話を聞くのではなく酒を利くのをメインにしてみました。微妙に上手いこと言ったつもりなんですけどね。聞くと利くで。

一応、呑んだ順に書いてますよ。

志太泉
本醸造蔵だし一番
色は透明。香りは高い。広がりが凄い。これが一番気に入ったね。
本醸造
透明、香りはあまりしない。少し水っぽいかな? 
純米
米の旨味がしっかりとした美味い酒。志太泉の純米は美味い。
純米吟醸中取り
透明、香りは控えめ。少し甘め。
純米吟醸八反
香り控えめ、艶のある感じ。でも少し若いかな? 
大吟醸
香り中程度。甘め。呑み易い。
吟醸は今の杜氏さんの方が良いね。前の杜氏さんは辛くてね。キレすぎるというかね。

初亀
普通酒 縁
あんま美味くない。
特別本醸造
香り高い。濡れた草のような旨味が口の中に広がる。
濁り酒
トロリとして甘い。後をひく。
純米
甘味の中に米の旨味。香りはあまりないね。少し固いかな? 
純米吟醸
香りは中程度。綺麗な甘味。広がりは控えめ。初亀らしい綺麗な酒。

喜久酔
特別本醸造
香りは高い。広がりは中程度。若いですね。全体的に若い酒が多かったです。新酒ですからね。
特別純米
香りは高い。広がりがある。甘味と旨味が混在し良かった。燗したらもっと美味いかも。
吟醸
綺麗で静岡らしい酒。スッと入っていく。
純米吟醸
香りは中程度かな? 甘め。新酒らしいフレッシュさが良かった。
純米大吟醸
強烈に後をひく。これは美味いね。

で、今回の酒が固く感じるものが多かったんですが、新酒だから固いってことに気づいたのが、この辺です。

若竹
本醸造
なんか変な味。若すぎるのかな? 日本酒っぽくないというか^^;。
鬼ころし
なんか古酒っぽい。そして辛い。キレが良すぎる感じ。好みが分かれると思う。アッシは好きじゃないなあ。
純米 春の生一本
甘い香り。固い。
純米吟醸 長い木の橋
香りは控えめ。若い。

磯自慢は、どの酒も美味かった。さすがの一言。

杉錦は一通り呑んだけど、大分、酔いが回っていたのでコメントはなし^^;。どうせ殆ど買って呑んでるしね。

高橋先生がいたので、「どの酒が良かったか」訊いてみました。「初亀の無濾過本醸造が良かった」とのこと。他に杉錦が良かったそうで。あと「磯自慢は(今日置いてある酒は)冷やしすぎ」だそうです。ほっほう。
アッシは「よく冷えててウメー」と思ったんですが^^;。他の蔵の酒よりも冷たかったんですよ。
「磯自慢は、もう少し温度が高い方が広がりが出る」とのこと。
よく言いますけどね、そういうの。アッシは常温の酒って殆ど呑んだことないんですよ^^;。基本的に冷やすか温めるか、ですね。一遍やってみますかね? 常温。冷やす場合はとにかく冷やしちゃうんですよ。
燗の場合は、それなりに温度を気にしますけどね。

全体の感想としては、やはり新酒だけに若い酒が多かったです。好みの問題でしょうがアッシは、もう少し味がこなれている方が好きです。
ちなみに気持ち悪くなってしまったので、少し早めに帰りました。
なんで気持ち悪くなったのかなー? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木戸泉 特別純米

千葉県の酒。製造年月日 06・02 度数 14~15度 精米歩合 60% 山田錦使用

古酒で有名な蔵ですね。アフスとかね。以前、日本酒フェスティバルで呑ませて頂きましたよ、古酒。アッシの口には合わなかったです(呑ませた甲斐無し)。小林さんは気に入ってましたね。

色は宮沢賢治の童話に出てくる秋の枯れ野を思わせる金。

香りは高い。少し古酒っぽい。甘め。広がりもあり美味かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長良川 五段純米

岐阜県各務原市の酒 ズン君の出身地だっけ? 

使用米 やまひかり 精米歩合 60% 度数 15~16度 製造年月日 06・02

やまひかりって酒米は存在自体知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロティン

アッシの摂取量は1日平均13g前後のようです。もう少し摂っても良いでしょうね。

成人男子の場合、タンパク質は1日に70g摂れともいいますし。運動する人はその倍とか。食事からも摂取できるとはいえ、もう少し摂った方が良いのかなあ? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼津地酒祭り

昨日、行って来ました。連休前なのに有給取って(^o^)。

面白かったですが、気持ち悪くなってしまい少し早めに帰りました。

詳細はまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲労回復

昨日、マッサージに行って来ました。疲れが取れますねー。

あと疲労回復にはクエン酸が良いです。アッシは薄めたスポーツドリンクにクエン酸を1g強入れたものを飲んでいますが中々、良いですよ。

他にコーラも良いです。アッシは500mlを5日かけてのんでます。炭酸と砂糖は疲労回復に良いそうです。

更に時折、日本茶にウメボシ入れて飲んだりもします。ハーブに生姜を入れたりもします。この辺は内臓の疲れに良いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸白ワイン

先月、神戸で買ってきた白ワイン。度数は15度としか分からない。空き瓶、親に持ってかれてしまったんですよ。

度数のわりに呑み易い。白ワインはスッと入っていきますね。日本酒よりも沢山飲める。ジュースで割ったりとバラティも豊富でね。汎用性が高いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉錦 大吟醸原酒 限定無濾過

日本酒度 +7 酸度 1,2 兵庫県産山田錦使用 精米歩合 40% 度数 18~19度 使用酵母 静岡HD-1、NEW-5 製造年月日 06・03

色は透明感のある金。上立ち香は控えめですね。穏やかというか。若い酒のせいかちょっと刺激が強いですね。広がりはそんなにないですがその分、舌に深く染みこむ感じがします。度数の高さはあまり感じないですね。日本酒度のわりに辛くないですし呑み易いです。甘味と酸味のバランスも良いですし。

ここの酒は良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志太泉 純米吟醸 にゃんかっぷ

度数 16~17度 精米歩合 50% 

なんというか誰も止めなかったのか、って感じ(^o^)。いやまあ良いんですけどね。悪くは無いんですがアッシは、どうもこういうのには保守的でして。こう『名声轟四海』とか臆面もなく書いてるようなのが好きだったりします。どちらかというとシンプルなのが好き。

それか『萌えカップ』とか良いと思うんだけどね。吟醸が『いづみちゃん』で純米が『いづみくん』。『いづみちゃん』はツインテール、メイド服、ツンデレ。『いずみくん』は敬語キャラだな。ギャルソン風が良いですなあ。三本セットで六本買うとフィギュアが付いてくるんですよ(^o^)。ラベルのイラストは三種類。シラフ、ほろ酔い、泥酔でキャラクターが異なります。

まあツンデレもあれですよね。程度問題ですよね。北斗晶なんか良い女ですがツンデレとして見た場合、『ツン』の部分が怖すぎますから。ま、それはそれとして。

色は淡い金。香りはフルーティー。艶のある感じ。りんごのような甘み。少しアルコール臭があるかな? それが少し嫌。

米は八反35号使用。志太泉、八反多いっすよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金光酒造 特別本醸造 山頭火カップ

山口県の酒。精米歩合 60% 度数 15~16度

ラベルに山頭火の詩が書いてある。『歩かない日は淋しい 飲まない日は淋しい つくらない日は淋しい』

色は淡い金。暗く沈んだような感じ。上立ち香は中程度。旨いというか甘め。広がりも中程度かな。呑み易くて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッポロ ラガービール

隠れた名品(^o^)。前から呑んでみたかったんですよ(^o^)。まあ呑んでみれば特にどうということもないんですが。

入手しにくいせいか、やたらと持ち上げるサイトとかあるんですよ。アッシも持ち上げるかな(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルテンブルガー 白ビール

ヴァイツェンタイプのドイツビールです。原材料 麦芽、ホップ。

結構、美味かったけど、あまり印象に残らなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ やれよ
誰にでも欲望はあるんだ(needs)
やりたいのなら さあ 自分のためにやれ(desires)
近頃 自分のために何かやったか?(indulge)
女房を裏切ることにはならないさ(physical)
夫婦の絆はむしろ強くなるだろう
黙ってればいいさ(bliss)
女房に感謝するぞ(appreciation)
うまくやれば学ぶことも多い(A+)
あんたの女房だって感謝するぜ(thanks)
俺の話なんて平凡すぎるだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祈りなんかサボれよ
来週にしろ
いや 行かなくていい(escape)
神は側にいる(everywhere?)
それなら なぜ教会に行く?
そもそも神は本当にいるのか?(realize)
教会なんか茶番に過ぎないぜ
自分の人生だぞ(evaluate)
自分のことは自分で判断しろ
自分の時間をもっと有意義に使え(decide)
神さまも許してくれるさ(absolved)
俺の話なんて平凡すぎるだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪の言霊使い時代のショーン・オヘア

Hey, I'm not telling you anything you don't already know.

君たちは政府の犬 奴隷なんだ
稼いだ金を奪われている
税金なんて詐欺じゃないか(liberty)
国税局が君の家に来ると思ってるのか?(freedom)
大物あさりにご執心さ
そもそも租税は英国が強要した
代表者なき課税は暴政だぞ(patriotism)
君が選んだ政治家なんて
全然 使えない連中だ(democracy)
政府が君を助けたか?
考えても見ろ
金が必要なのは君か?それとも金の亡者か?(prosperity)
俺が言うまでもないよな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊正宗 本嘉納正宗

生もと本醸造 小瓶。 度数 15度 精米歩合 70% 

色は透明。老ねてんのかな? これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルギービール レフ・ブロンド

度数 6,6度 麦芽含有率 74,1% 原材料 麦芽、トウモロコシ、ホップ

うーん。昨日、呑んだのに比べるとイマイチ。

軽いだけっていうかね。もうちょっとこう、コクとかね。特徴が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レフ・ブラウン ベルギービール(アビィビール)

アビィビールとは修道院からライセンスを得てその昔ながらの製法に従い民間の醸造所が造るビールのことだそうです。

度数 6、5% 麦芽含有率 71、9% 原材料 麦芽、トウモロコシ、ホップ

焙煎したモルトを使っているそうです。色は濃い茶色。ほのかにフルーティー、ほのかに苦くコクがある。

美味いビールですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロナライト

メキシコのビール。度数 3,8度。

軽くて、うんめええーーー!!(美味い) 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大吟醸 龍力 米のささやき

兵庫の酒。兵庫県特A地区産山田錦使用。精米歩合 酒母・麹米40% 掛米50% 

使用酵母 熊本県酒造研究所酵母(9号) 醪日数 30日 度数 17~18度 

日本酒度 +3 酸度 1,5 アミノ酸度 0,9 杜氏 佐々木六郎(南部杜氏)

貯蔵品温 -3度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初亀 しぼりたて生酒無濾過本醸造原酒

度数 18~19度 精米歩合 64% 日本酒度 +2 酸度 1,5 製造年月日 3・8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェード・オーガニックビール

フランスの無農薬有機栽培ビール。

なんかもう、もの凄い(^o^)。原料から醸造から保管までが、とにかく凄い。

見切り品で100円だったので購入。度数が4,6度で250ミリリットルと量も少なめで呑み易かった。味も軽め且フルーティーで良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成十八年 静岡県清酒監評会

平成十八年 静岡県清酒監評会 

有給取って行って来ました(^o^)。会場は駅前のブケ東海です。

吟醸の部の県知事賞は忠正。純米の部は花の舞。

一応、出品酒は全部、呑みました。
まずは純米から。
まず良かったのは磯自慢。磯自慢らしい酒でしたね。美味かった。そういや会場に「磯自慢の酒は美味いが水っぽい」という女性がいた。ほっほう。そういう感じ方もあるか、と思いました。
話しかけようかと思ったんですが、変な人と思われるだろうから止めておきました。代わりにオナラしときましたけどね。へへっ。

他に良かったのは杉錦、葵天下、高砂。イマイチだったのが若竹。なんか若竹はアッシには合ったり合わなかったりするんですよね。美味い酒は驚くほど美味いんですけどね。
撰から漏れた酒で美味かったのは伊豆海、白隠正宗、萩錦。

吟醸の部ですが、正直言ってキツイ(>_<)。もうねー。香りも味も濃いぃぃぃ。
美味いと思った酒。葵天下、白隠正宗。でもこの評価当てにならん。誰も当てになんかしないでしょうが(本人だって当てにしてません)。
アッシが好きな志太泉は今回も吟醸の部では賞を取れませんでした。純米は好きなんですけどねー。
今回、杜氏さんが変わりどうかな? と思ったんですけどね。
以前の杜氏さんの吟醸は辛くてアッシ的にはイマイチでしたが(飲兵衛の友人は大好きでした)、今の杜氏さんになってからは所謂、静岡吟醸らしくて好きなんですけどね(飲兵衛の友人には不評ですが)。それでも賞は取れないんですね。
ただ、吟醸の出品酒はイマイチでしたね^^;。なんか味も香りも不自然に強いというか。
ちなみに美味いと思った白隠正宗は、味、香りも控えめで呑み易かったです。
蔵の人が来ていたので話を聞いたら「ウチは出品酒用に作った酒じゃなくて普段の酒を出している」とのこと。ほっほう。
アッシとしては東部の酒が美味かったのが意外でしたね。あんま呑んだことないし。
で、これも訊いてみました(^o^)。
「東の酒は、あまり呑んだことが無いんですが」
「流通が弱いんですよ」
「ほう」
「観光地なので旅館が沢山あり、そこで消費されるので」
「あ、なるほど。じゃあ安泰ですね」
「いやー、それが。今、旅館とかコレ(下降気味というゼスチャー)でしょう。過去、胡座をかいていたツケがきてますね」
白隠正宗の造りは400石。仕込み水はなんと2~300年前の富士山の雪どけ水が使われている、とのこと。スゲー。

こういう会の楽しみは蔵の人の話が聞けることですね。
なんか色々聞きました。ビデオカメラ持っていけば良かった。
もう、あんま覚えてないし。

千寿
1500石。
西の方は何となく水が悪い、という印象があるので、それについて訊いてみました。
地下100メートルの水を使っている。浜松はともかく磐田の水は悪くない、とのこと。あと、今は酒質に水の影響は、あまり無いとも。

花の舞
8000石ほど。
準大手蔵ですね。ここはアルミ缶の酒を出していたので、それについて訊いてみました。
アルミはガラス瓶より劣化しない、とのこと。ほっほう。
でもアルミ臭くなる。ような気がアッシはしました。
ここは他にもバラの香りの吟醸などユニークな酒を造っています。
「ニーズに応えて」とのこと。
他にも色々、覗ったんですが他の蔵より商売熱心、というか商魂逞しい(^o^)感じがしました。

喜久酔
手作りに対する拘りについて熱く語っておられました。面白かった。ビデオ持ってくれば良かったな。
喜久酔は地の酒、地の水に拘った造りをしている蔵なんですね。
洗浄はおろか風呂の水にまで仕込み水を使っているという(^o^)。
「千寿さんは、水はあまり関係ないって言ってましたよ」
「関係あります」
「磯自慢なんかは濾過した水を使い、米も兵庫県産の山田ですよね。対象的な造りですよね」
これに対しては実に熱心に語ってくれました(^o^)。
一言で言うと『ロマン』ですね。

ここの蔵は”あの”『美味しんぼ』に載っているんですね。
訊いてみました(^o^)。実に面白い話が聞けました(^o^)。
なんと原作の雁屋哲、喜久酔の特別本醸造を呑んでいるそうです(^o^)。
いや、もう笑った笑った(^o^)。
あれだけ「純米じゃないと駄目」と書いているのに自分は特本を(^o^)。
なんでも『美味しんぼ』に載っている喜久酔の酒も特別本醸造だとか。
いやー、意外と良い人そうだな雁屋哲。久しぶりに読んでみるかな『美味しんぼ』。

若竹
「リンクして良いですか?」
「良いですよ」
と言ってくれたけどアッシは結構、言いたい放題しているのでリンクしにくいな^^;。

水について面白い話が訊けました。
なんでも社長さんは金魚を飼っているそうですが(この話をしてくれたのは社長じゃありませんが)、昔と比べると苔が生えやすくなっているそうです。
やっぱり水は悪くなっているんでしょうね。
書いてみると面白くないな。聞いた時は面白かったが。

杉錦
社長さんがいたので少し話を覗いました。
「食米を使う意味は?」
「特に無い」
とのこと。あと軽めの酒の方が賞を取りやすい、とのこと。

初亀
社長さんがいた。2時半には滝上杜氏も来る、と言っていた。会ってみたい、と思わないでもなかったんですが、それも図々しい話なので止めておきました。
初亀は高級酒で有名なんですね。昔から1升一万円なんて酒を出していてですね。その辺について訊くと意外な答えが。
「崖っぷちの中で、そういう酒を出さないとやっていけなかった」とのこと。
初亀が崖っぷちっていうのが意外。
静岡県中部地区では磯自慢と人気を二分する実力蔵ですよ。知名度は落ちますが。アッシの周りにも「1番は初亀」と言って憚らない人が何人かいます。
そういう蔵なので本当に意外でしたね。

萩の蔵
去年から造りを再開した、とのこと。
「なんでですか?」
「他人と反対のことをやろうと思って」
笑いましたねー(^o^)。
「今、日本酒って下火でしょ? だから敢えて」
漢ですねー(^o^)。
焼酎含めて150石だそうです。
呑んでみたいけど、中部地区で手に入るかな? 

あと酒の本を何冊も出している高橋先生にも、お話を覗いました。
今回、良かった酒に『君杯』を挙げておられました。
実はアッシは今一つ感心しなかったんですが^^;。
「呑み飽きしない、ダレない酒。芯がある」とのこと。
そういわれると、そんな気が(^o^)。
いや、アッシが感心しなかったのはですね。吟醸の出品酒はキツクてですね^^;。ちょうど辟易していた時に呑んだのが君杯だったので。
撰から漏れたこともあり、「こういう味・香り共に強い酒でも賞を取れないんだな」という印象があったからなんですね。
言われてみると良い酒ですよ、ええ。
他に喜久酔の出品酒は十二月頃に良くなる酒、とのこと。アッシとはレベルが違いますねー。
そんな高橋先生が今、人に勧める酒は開運だそうです。

他、色んな人に
「急に生産量が増えた蔵をどう思うか?」
と訊いてみました。
蔵の名前は書きませんが。
結局、消費者としては美味ければどうでも良い、ということですね。
「浦霞の禅てどう思いますか? 自分は、あまり関心しなかったんですが」
「あの酒は昔からあんなもん。泥臭い」
ほっほう。

総括
平日の昼間だから当然かもしれないが若い人が少ない(^o^)。
あと出来れば、もう少し蔵の人に来て欲しいなあ。話をする機会って、あまりないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福司 たれ口酒 本醸造無濾過生原酒

今年も頂きました倉橋さんから(^o^)。ありがたい話ですねー。

度数は19~20度と高め。酒の色は透明なんだね。正直言って美味い(^o^)。初亀のより良いなあ(^o^)。甘味というか旨味。コクがあって良い。単純に好みの問題なんだけどね。アッシは、こっちの方が好きですねー。

どうも、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エチゴビール 国産麦芽100%でつくった麦酒

ここまでが商品名? 度数 5% 

こういう拘りは好き。でも、あまり印象に残らなかったなあ。

気が付いたら全部、呑んじゃってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エチゴビール スタウト

香りがほどよく爽やかでフルーティー。コクも良い。度数が7%と少し高めなのも良い。じっくり味わうには最適ですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エチゴビール ビアブロンド

度数 5% 

フルーティーな香りが素晴らしい。この香りはエール酵母特有のものだそうです。アッシはこういうのが好きなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エチゴビール ピルスナー

度数 5% ピルスナー発祥の地といわれるチェコのザーツ地方産ザーツ種のホップのみを使用、とのこと。凄いなあ(^o^)。

香りが高くて美味かった。コクも良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こしひかり越後ビール

比熱処理生ビール 麦芽・コシヒカリ・ホップ使用。度数 5%

新潟産コシヒカリ使用。スッキリした喉越しとキレ。軽くて呑み易いけど、なんか普通(^o^)。大メーカーのビールみたいな感じ。グビグビ呑めるす美味いけどね。ちょっと物足りないかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベックス

ドイツのビール。度数 5% 原材料 麦芽・ホップ

瓶は呑んだことあるけど缶は初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »