« 萩錦 蔵出し本醸造原酒 | トップページ | 倉橋さんから »

第19回 静岡県地酒祭り

第19回 静岡県地酒祭り 会場は富士市フジロイアルプラザホテルです。

今回が初参加。会の前に利き酒選手権の静岡県予選がありました。

生憎の雨でイマイチでしたね^^;。富士山も見えなかったし。おまけに新富士駅って周りになんにも無いし。本屋さえ無いというのはどうかと思うんだ。
なんというか民度というかね。

五時半の開場に先駆け四時半から、全国きき酒選手権大会静岡県予選会があり参加しました。
6本中4本正解。1本外せば正解するのは4本ですからね。それを考えればまあまあ。と、言いたい所ですが結構微妙^^;。
制限時間10分なんですよ。で、時間かけすぎて最初の6本終った時点で「残り時間2分でーす」の声が。
ひいいいいい^^;。
なので、最後の6本は結構いい加減にやりました。それで当たったというのが自分的には微妙^^;。
あれ、多分キチンとやってたら外してたな^^;。

ちなみに利き酒選手権は一部屋に10人ずつ入って行います。そして10分交代制。
なので待ち時間が長いです。早めに行って並んでいるのが吉。

で、本番の地酒祭り。
着席式です。かなり広い会場でしたが一杯でしたね。400人は軽くオーバーしてました。
料理も良かったです。まあ会費7000円ですからね^^;。

伊豆海 沼津
石高は聞き損ねた。水は富士山の湧き水を使用。沼津の蔵なんですが東部の蔵は大体、富士山の涌き水ですね。

萩の蔵 掛川
2月の新酒監評会で呑んで気に入った覚えがある。300石。

天神蔵 浜松
ここはビールもやってますね。天竜川の伏流水使用。1000石。 

富士錦 富士郡
2500石。富士山の涌き水使用。

牧野酒造 富士宮市
470石。富士山の涌き水使用。

富士正 富士宮市
代表銘柄は千代の峯。100石。富士山の伏流水使用。

正雪 庵原郡由比町
1600石。神沢川上流の水を使用。

忠正 静岡市
500石。賤機山の涌き水を使用。

臥龍梅 静岡市
1000石。

英君
500石。自社山の涌き水使用。

萩錦
なんと90石。静岡はおろか全国でも最少じゃないですかね? 「成り立つんですか?」「成り立ってません」。安倍川の伏流水使用。

君盃
名刺貰った。「アッシはただの素人ですよ?」。それでもくれました。ありがとうございます。
ここも小さい。100石足らず。洗米まで手作業だとか。大変ですねー。水は安倍川の伏流水。

小夜衣
100石。意外と小さい。栗駒の伏流水。と言っていたような気がする(^o^)。
以前から「社長は変わっているが良い酒を造る」と聞いていまして(^o^)。
会うのを楽しみにしてたんですが、本当に変わってましたね^^;。
『帝都探偵物語』の大木戸教授風。探求者っぽい雰囲気を漂わせている方です。
ここの蔵は『へん』『逆切れ』『間違い』など変わった名前の酒が多いです。美味いんですけどね。名前は問屋さんが付けている、とのこと。

開運
2500石。意外と大きいな。杜氏さんが有名。高齢なので、その辺ちょっと大変そうです。「俺も後、何年出来るか」とか心細いことを言っているそうです。
「増産しないんですか?」「今の工場の規模では無理」だそうです。
そうして考えると名前が売れたら急に石高が増える蔵は、ある意味凄いな(^o^)。

杉錦・志太泉
地元蔵なのでまとめて(^o^)。
こういう会に出る人は何時も同じなんですよ。大変ですよね。アッシは趣味だから良いけど。

磯自慢
専務が変わったのか。

喜久酔
雁屋哲が身体を壊したとは知らなかった。特本だけじゃなくて特別純米も買ってくれてます、とのこと。でもあれだよな。儲かってるんだから、もっと高いの買えよって気はする(^o^)。
金に汚い印象があるので高いのはタカルのかなー? と邪推してみたり(^o^)。

葵天下
400石。

金明
300石。

万曜
100石。

満寿一
200石。安倍川の伏流水。

高砂。
山廃蔵として有名です。「他所の山廃蔵は気になりませんか?」と訊いてみたら、「気にならない」とのこと。
ここの杜氏さんは能登杜氏なんですが、能登杜氏は元々、山廃が得意だそうです。
東部の水は軟水なので口当たりが柔らかい。軟水は女酒っていいますね。軟水なので他所とは違う独自の山廃が出来るそうです。
ちなみに今年のお勧めは黄色いラベルの辛口純米だそうです。見かけたら買ってみます。

総評。
というほどのものでもないんですけどね。各テーブルごとにきき酒をやるんですよ。
これ、当たりました(^o^)。景品がなかなか良し。
きき酒用の盃を大きくしたようなやつ。他に余った酒を貰ったりね。
天気が悪いのが残念でしたね。
あ、そういえばSBSの国本アナウンサーに握手してもらった(^o^)。
子供の頃、よく聞いてたんですよラジオ。
アッシのような酔っ払いにも嫌な顔一つせず対応してくれました。
「変わりませんね」「変わったよー。33年もやってるからね。中身は変わらないけど」。その節はありがとうございました(^o^)。

|

« 萩錦 蔵出し本醸造原酒 | トップページ | 倉橋さんから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147837/12211781

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回 静岡県地酒祭り:

« 萩錦 蔵出し本醸造原酒 | トップページ | 倉橋さんから »