« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

開運 ひやおろし

度数 16~17度 山田錦 100% 精米歩合 55% 製造年月日 06・9 

常温、冷や、燗と全て試しましたが、どれも良かった。

常温が気に入っちゃったなあ。香りが立つし味わいも深く広がりも冷やより良い。

燗も良かった。ほのかな酸味が良い。米の飯にも合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気磁気治療

というのに行ってきました。ここの先生は、よく喋ります^^;。

治療自体は正直どの程度効果があるのか疑問なんですけどね。

親は「体調が良くなった」と言ってますが。

なんかアッシは腎臓が悪いそうです。あと胃腸。悪いというか弱っているとか。

心当たりはあります。

腎臓に関しては栄養の摂り過ぎかな? と。考えてみるとサプリの摂取量、増えましたしねー。プロティンも段々、量が増えていく^^;。

あ、サプリ類ですが量は少ないんですよ。種類が多い(^o^)。同じことか^^;。

すぐに薬飲むし、機能性飲料大好きだし。多分、ビタミン類は多い時で五日分は摂ってますね。一日で。普通で二日分。一応、ビタミンは壊れやすいので、多めに摂っているんですけどね。それに加え毎日、野菜刻んでジュースにして飲んだり果物もよく食べますしね。

というわけで減らします(^o^)。

書き出してみると確かに摂り過ぎなんですよねー。錠剤の他にコンビニ行くと、つい買ってしまう機能性飲料。そして通常の食事。

胃腸に関しては薄々、そうじゃないかなー? と思ってました(^o^)。

野菜ジュースやハーブ類など、あれこれ身体に気を使ってようやく普通、という感じがしていました。

しかし、そうするとですね。どうすれば調子が良くなるんですかね? 調子が良くなるというか、弱っている状態を脱するには? どうすれば? 

他にも色々、言われたんですがアッシの場合、健康に気を使うことによって、どうにか人並みに生活出来てるような所があるんですよ。うーん。

あと「日本酒は身体に悪い」と言われた^^;。「ビールか焼酎にしろ」と。なので焼酎、買ってみようかな、と思います。アッシの口には合わないんですけどねー。嗜好と健康秤にかければ健康に傾くのがアッシですんで。普通か(^o^)。皆そうか(^o^)。

他に「肉・脂もの、甘いもの、果物も身体に悪い」。肉はともかく、甘いものと果物は止められんなあ。ま、控えますが。

取りあえず生活習慣を見直すにはいい機会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物

高砂の辛口純米は一升瓶でございましたよ(>_<)。アッシは酒好きですが弱いので一升瓶はキツイでありますよ。

なので開運の純米ひやおろしを買ってきました。

他に北海道のお菓子を大量に^^;。ああ、金を使うのは楽しいなあ。稼ぐのは大変ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バドバー

チェコのビールです。

チェコの最高級ホップを使用だそうですよ(^o^)。地下300メートルからの水で醸造され、700年の伝統を持つ純粋ビールだそうですよ(^o^)。

原材料 麦芽、ホップ、ビタミンC。なんだ。ビタミンCって。酸化防止かな? 

これはねえ。凄く美味いビールですよ。ホップが効いてる。翌日まで後を引きますよ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー ジャポネゴールド

ミカモゴールデン大麦約10%使用、紫波産ホップ約35%使用。と書いてある。残りは何処のを使用? 

度数は6%。少し高めだね。結構、美味かったですよ。平均点を少し上回るような印象。優等生的なビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛇と金運

うーむ。

先日、蛇を見たんですよ。小さいの。

ちょっと、拝んで見たんですよ。何となく。

次の日、宝くじを買ったんです。

五千円当たりました(^o^)。

でも、出来れば、もう少し高額だと嬉しいですよ。

ま、それはそれとして。

金運アップの情報お待ちしております(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギネス フォーリンエクストラ

度数 7,5度。なんか南の方でよく呑まれてるものだそうで。度数は普通のより高め。

2本買って1本は冷やして。もう1本は常温で呑んでみました。

黒ビールは常温で呑んだ方が美味い、というんですがアッシは冷やしたものしか呑んだことがないのですよ。ですから呑み比べてみようかと。

結論からいうと確かに常温の方が美味い。味も香りも違うんだよなあ。常温の方が香りも立ち味わいも深い。なるほどねー。

まあ冷たいのも、それはそれで美味しいんですけどね。 味わうなら常温ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩の蔵 本醸造

度数 15~16度 精米歩合 60% 日本酒度 +2 酸度 1,2 製造年月日 06・7

県西部の酒にして150石。造りを再開したのが去年。果たして県中部で手に入るのか? と思ってたらジャスコに売ってた(^o^)。

但し常温。実はアッシは常温で置いてある酒は買ったことが殆ど無いんですよ。しかも七月製造。暑い中を常温でですからね。ヒネてしまわないだろうか? と思ったんですが何事も経験と思い切って買ってみました。

結論。

買って大正解(^o^)。すんげー美味かった(^o^)。しかも、これ1000円しないんですよ。それでいて、この美味さ。これは凄い。確かに酒の値段は手間賃で美味さは関係無いんですけどね。それにしても凄い。

燗、冷や、常温と試してみました。常温が美味いんだよなあ。

アッシは常温で呑んだことって無いんですよ。大概冷や。「常温の酒なんて美味いのかなあ」と思ってたんですよ。いや、話には聞きますよ? 純米なんかは常温で呑むのが美味い、とかね。しかし、それでもやはり冷やすか温めた方が美味いと思っておったですよ。

しかし常温が一番美味かった(^o^)。今まで損した気分だ(^o^)。酒の味が一番分かるのが常温のような気がしますね。

良い具合に熟成が進んだのか実に芳醇。それでいてスッと入っていく呑み口の優しさ。

良い酒でした。牡蠣にも合ったし(^o^)。

しかし萩錦といい、安い酒もあなどれませんねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臥龍梅 鳳雛 吟醸

静岡県産 誉富士を使用。精米歩合 55% 度数 17~18度 日本酒度 +4 酸度 1,3 杜氏 南部杜氏 菅原富男 製造年月日 06・8 

この杜氏さんて前、他所の蔵でやってなかったけ? 

手書き風のラベルが良いね。名のある書道家に書いてもらったそうですが。

少し青みがかかった琥珀色、薄めかな? 上立ち香は芳醇といって良いと思いますよ。固さが無くまろやか。口の中への広がりも深く染み込むよう。呑みやすく旨味もある。

良い酒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉橋さんから

牡蠣が届いた。ありがとうございます(^o^)。

殻に入ったのが30ほど(^o^)。倉橋さんの住んでいる所は牡蠣の名産地なんですよ。

アッシは通販やお取り寄せには興味の無い子なんですけどね。折角なのでね。

しかし、殻付きの牡蠣なんて食ったことのないアッシ。

行きつけの中華料理屋で、やってもらいました(^o^)。ついでに酢ベースのタレも作ってもらいました。

すんげえ美味かった。どうもご馳走様です。

今日は焼き牡蠣にしますよ。

ちなみに萩の蔵の本醸造を常温で呑みました。常温の日本酒って殆ど呑んだこと無かったんですけどねー。美味いです。酒の味が良く分かるというか。そして牡蠣に良く合います。今度は何処かのお店で食べてみますかねー。

しかし同じ港町でもあれですね。アッシの住んでいる所の名物は安いものが多いんですよ(^o^)。倉橋さんの所は高級なんですよ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回 静岡県地酒祭り

第19回 静岡県地酒祭り 会場は富士市フジロイアルプラザホテルです。

今回が初参加。会の前に利き酒選手権の静岡県予選がありました。

生憎の雨でイマイチでしたね^^;。富士山も見えなかったし。おまけに新富士駅って周りになんにも無いし。本屋さえ無いというのはどうかと思うんだ。
なんというか民度というかね。

五時半の開場に先駆け四時半から、全国きき酒選手権大会静岡県予選会があり参加しました。
6本中4本正解。1本外せば正解するのは4本ですからね。それを考えればまあまあ。と、言いたい所ですが結構微妙^^;。
制限時間10分なんですよ。で、時間かけすぎて最初の6本終った時点で「残り時間2分でーす」の声が。
ひいいいいい^^;。
なので、最後の6本は結構いい加減にやりました。それで当たったというのが自分的には微妙^^;。
あれ、多分キチンとやってたら外してたな^^;。

ちなみに利き酒選手権は一部屋に10人ずつ入って行います。そして10分交代制。
なので待ち時間が長いです。早めに行って並んでいるのが吉。

で、本番の地酒祭り。
着席式です。かなり広い会場でしたが一杯でしたね。400人は軽くオーバーしてました。
料理も良かったです。まあ会費7000円ですからね^^;。

伊豆海 沼津
石高は聞き損ねた。水は富士山の湧き水を使用。沼津の蔵なんですが東部の蔵は大体、富士山の涌き水ですね。

萩の蔵 掛川
2月の新酒監評会で呑んで気に入った覚えがある。300石。

天神蔵 浜松
ここはビールもやってますね。天竜川の伏流水使用。1000石。 

富士錦 富士郡
2500石。富士山の涌き水使用。

牧野酒造 富士宮市
470石。富士山の涌き水使用。

富士正 富士宮市
代表銘柄は千代の峯。100石。富士山の伏流水使用。

正雪 庵原郡由比町
1600石。神沢川上流の水を使用。

忠正 静岡市
500石。賤機山の涌き水を使用。

臥龍梅 静岡市
1000石。

英君
500石。自社山の涌き水使用。

萩錦
なんと90石。静岡はおろか全国でも最少じゃないですかね? 「成り立つんですか?」「成り立ってません」。安倍川の伏流水使用。

君盃
名刺貰った。「アッシはただの素人ですよ?」。それでもくれました。ありがとうございます。
ここも小さい。100石足らず。洗米まで手作業だとか。大変ですねー。水は安倍川の伏流水。

小夜衣
100石。意外と小さい。栗駒の伏流水。と言っていたような気がする(^o^)。
以前から「社長は変わっているが良い酒を造る」と聞いていまして(^o^)。
会うのを楽しみにしてたんですが、本当に変わってましたね^^;。
『帝都探偵物語』の大木戸教授風。探求者っぽい雰囲気を漂わせている方です。
ここの蔵は『へん』『逆切れ』『間違い』など変わった名前の酒が多いです。美味いんですけどね。名前は問屋さんが付けている、とのこと。

開運
2500石。意外と大きいな。杜氏さんが有名。高齢なので、その辺ちょっと大変そうです。「俺も後、何年出来るか」とか心細いことを言っているそうです。
「増産しないんですか?」「今の工場の規模では無理」だそうです。
そうして考えると名前が売れたら急に石高が増える蔵は、ある意味凄いな(^o^)。

杉錦・志太泉
地元蔵なのでまとめて(^o^)。
こういう会に出る人は何時も同じなんですよ。大変ですよね。アッシは趣味だから良いけど。

磯自慢
専務が変わったのか。

喜久酔
雁屋哲が身体を壊したとは知らなかった。特本だけじゃなくて特別純米も買ってくれてます、とのこと。でもあれだよな。儲かってるんだから、もっと高いの買えよって気はする(^o^)。
金に汚い印象があるので高いのはタカルのかなー? と邪推してみたり(^o^)。

葵天下
400石。

金明
300石。

万曜
100石。

満寿一
200石。安倍川の伏流水。

高砂。
山廃蔵として有名です。「他所の山廃蔵は気になりませんか?」と訊いてみたら、「気にならない」とのこと。
ここの杜氏さんは能登杜氏なんですが、能登杜氏は元々、山廃が得意だそうです。
東部の水は軟水なので口当たりが柔らかい。軟水は女酒っていいますね。軟水なので他所とは違う独自の山廃が出来るそうです。
ちなみに今年のお勧めは黄色いラベルの辛口純米だそうです。見かけたら買ってみます。

総評。
というほどのものでもないんですけどね。各テーブルごとにきき酒をやるんですよ。
これ、当たりました(^o^)。景品がなかなか良し。
きき酒用の盃を大きくしたようなやつ。他に余った酒を貰ったりね。
天気が悪いのが残念でしたね。
あ、そういえばSBSの国本アナウンサーに握手してもらった(^o^)。
子供の頃、よく聞いてたんですよラジオ。
アッシのような酔っ払いにも嫌な顔一つせず対応してくれました。
「変わりませんね」「変わったよー。33年もやってるからね。中身は変わらないけど」。その節はありがとうございました(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩錦 蔵出し本醸造原酒

使用米 日本晴れ100% 精米歩合 65% 日本酒度 +1 酸度 1,5 度数 19~20度

製造 18・9

地酒祭りで余ったものを貰ってしまいました^^;。テーブルに仕込み水があったのでね。割り水燗やろうかなー、と。半ば強引に頂いてしまいました^^;。「買えよ」と思うかもしれませんが、こちらの蔵は90石でございますから(^o^)。中々、見つからないんですよ。売ってるとこ知ってますから今度は買います(^o^)。でも大概、吟醸なんですよ。アッシは純米が良いですなあ。

で、まあそれはそれとして。

これは美味いですよー(^o^)。色は少し琥珀色。香りも高く味の広がりも凄い。濃醇だけど穏やかで呑みやすい。スッと入っていく。普通に燗して呑んだけど、これも美味い。味の濃いオカズに合いますね。燗冷ましも美味い。程よい酸味が良い。そのまま呑んでも良いし、食事と一緒でも良い。割り水燗は、まろやかさが際立つ気がしますね。原酒なので少しくらい薄めた方が良いのかもしれません。でも、原酒の良さが味わえ、度数の高さが気にならない飲み易さなので、どっちでも良いんでしょうけどね(^o^)。

ラベルに『安倍川の恵み』とある。水はこの辺のを使ってますからね。

安部川の地下にケーブル通す計画があるんですよ。伏流水に影響が出そうですなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

君杯 特別本醸造

小瓶です。地酒祭りで余ってたやつを貰ってきました。貰っておいてなんですが、ちょっとイマイチ^^;。

度数 15~16度 山田錦 100% 精米歩合 60%  製造 18・9

なんかヒネ感が^^;。少し固いような気もするし。

萩錦の仕込み水で割って呑んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某元プロレスラーさん

ちょっとお話しました(^o^)。病気で廃業しちゃった方なんですけどね。キャリアは「50(試合)はしてない」とのこと。

佐々木健介の同期です(^o^)。

色々、訊きましたよ(^o^)。「アニマル浜口はテレビで見るのそのまんま」とか。あと「酒癖が悪い」。これは意外な感じですけどねー。でも、この方がプロレスしてたのは結構、昔なので。

あと谷津と長州は仲が悪かった、とか(^o^)。「長州はトンパチ、谷津は常識人」とのこと。谷津が常識人というのは意外(^o^)。

「誰が強かったですか?」という質問に対して「練習の時、よく相撲をやったが相撲上がりの小澤(キラー・カーン)より長州・谷津の方が強かった」んだそうです。二人ともレスリングベースですよね。

あと「何時、シナリオがあるって気がつきました?」と訊いてみました(^o^)。「ある日、誰かに教わったりするんですか?」。

「その内に気がついた」とのこと。「試合前、控え室の間をレフリーが行ったり来たり、ね。そういうのを毎日、見ている内に気がついた。あと練習生の時は控え室は出入り禁止」。

ほっほう。興味深いですねー。新日なんかだと山本小鉄や坂口征二なんかが教えてくれる、なんて訊きましたが。

ちなみに、この方の身長は183センチ。そんなに大きくは見えないんですけどね。

プロレス時代の公称は183,5センチ(^o^)。プロレスラーの身長は、もっとサバ読んでると思ってましたが(^o^)。

しかし、この方は男のアッシがいうのもなんですが二枚目なんですよ(^o^)。続けてたらスター選手になってたと思うんですが、今、プロレスは思いっきり下火なので廃業して良かった、と言えないこともなくはないのかもしれませんねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林さんから

頂いた梨がやたら美味かった。どうもご馳走様でした。それにしても良いもの食べてますねー(^o^)。

しかし秋は美味いものが多い。特に野菜と果物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »