« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ヴェルテンブルガー バロック ヘル

ドイツビール。淡色下面発酵ビール。

度数 5.5%。 タイプ エクスポート。麦芽とホップのみ。

なんだエクスポートって。

昨日のよりに苦味が少ない。呑み口スッキリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキナセア

ひいいい(>_<)。間を空けたほうが良いそうですよ。三週間呑んだら一週間は呑まない方が良いそうです^^;。

ここ一年ほど毎日呑んでます^^;。量は少ないんですけどね。

気になるので血液検査してきますよ。

あ、どういうことかというと、免疫の問題なんですね。

白血球が増えすぎて免疫機能が駄目になるんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉橋さんから

鮭が届いた。ありがとうございますー(^o^)。立派な鮭ですよ。「鮭児に匹敵する」鮭だそうです。

早速、焼いて食べましたが美味かったです。あいがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルテンブルガー ピルス

ドイツビール。ヴェルテンブルグは1050年にビール醸造を始めた世界一古い修道院です。ほっほう。

ピルスナータイプのビール。度数は5%。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セントルイスプレミアムクリーク瓶

詳細は下に同じ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セントルイスプレミアムピーチ瓶

詳細は下に同じ(^o^)。

甘甘(^o^)。美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒナノ

タヒチのビール。

度数 5% 麦芽とホップのみ。その割りに味が軽い。

タヒチというとゴーギャンですかね。南仏→タヒチ→天国。

太陽の光を求めて最後は天国まで行ってしまったって感じですかね? 

アッシには全て縁の無い場所ばかりですなあ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セントルイスプレミアムカシス瓶

ベルギー発泡酒。度数 3%以上4%未満。麦芽 25%以上50%未満使用。

原材料 麦芽、小麦、ホップ、糖類、カシス、甘味料、酸化防止剤、安定剤。

甘酸っぱい。カシスだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琥珀エビス

度数 5.5% 麦芽とホップだけのビール。

色は綺麗な琥珀色。少し香ばしい。美味いビールですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セントルイスプレミアムフランボワーズ瓶

ベルギーの発泡酒。度数 2.8度 原材料 麦芽、小麦、ホップ、糖類、ラズベリー、甘味料(アセスルファムK)、酸化防止剤、安定剤。

甘い。度数が低い。そして小瓶で量が少ない(250ml)。良いねえ(^o^)。しかし少し高いか。417円。

色は綺麗なピンク。素敵な色だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリスト教のエクソシズム

主よ、天の御座から、我等に救いを与えたまえ。汝の聖なる輝きで、今宵の闇を照らしたまえ。我等が聖なるイエス・キリストの御力によって、われら光の子たるキリスト教徒が、悪魔の所業を追い払うことが出来ますように。アーメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名言 シャーロック・ホームズ

「結末は私にだって見えやしない。でも一貫した考えで調査を続ければ、これまで見えなかったことが見えてくるかもしれません」

『ブルース・パーティントンの設計図』より。

「だけど我々は、あんなものにまじめに取り合わなきゃならないのかね? この化け物とやらは、地面を踏みしめて立っている。死霊なんかのはずがない。世界は我々が考えているより広いんだ。なにも幽霊の仕業にする必然性はないんだ」

『サセックスの吸血鬼』より。

「この幽霊に取り憑かれた地下室は、いったいどうなっているのだ?」

『ショスコム荘』より。

「事実関係も調べないうちに憶測をめぐらすなんて、致命的な間違いだね。なぜって、憶測が先立つと、気付かないうちに事実認識を憶測に合わせて歪めてしまうからさ。事実関係に合わせて推論を立てるというのがスジだろうに」

『ボヘミア国王の醜聞』より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタアリシア カベルネ ソーヴィニヨン リザーブ

チリワイン。辛口フルボディ。適温は室温とあるが冷やして呑む。度数は15度未満。

あまり口に合わない^^;。やはりぶどうジュースで割って呑む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタアリシア シャルドネ リザーブ

チリワイン。辛口。適温 8~10度 度数 15度未満

わりかし呑み易かった。しかし、これもやはりぶどうジュースで割って呑む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリフォルニアワインの赤 小瓶

度数 14%未満。やや辛口。

あんまり美味くないな^^;。というか赤は苦手(>_<)。ぶどうジュースで割って呑んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤングオールドニック瓶

イギリスのビール。500ml。度数 7~8度 麦芽、ホップ、糖類。

ラベルが良い。禿頭に湾曲した2本の角。耳の尖った山羊髭の男が、炎を背景に不気味な笑みを浮かべている。なんで、こんなラベルにしたんだ(^o^)。

ちょっと量が多いけど美味かったな。少し癖があって良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XXXX フォーエックス ビター

オーストラリアのビール。

麦芽、ホップ、穀類、酸化防止剤。度数 4.8% 

スッキリ爽やかなビール。夏に呑んだら最高だったろうな^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ 贅沢日和

長期熟成生 発泡酒。

度数 5.5% 麦芽使用率 25%未満 麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ、糖類。

長期熟成だけあってコクは発泡酒にしてはある。しかし味が薄いな(^o^)。

発泡酒だけに呑みやすい。しかし、やっぱり味が薄い(^o^)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローデンバッハ・クラシック

ベルギービール。

度数 5% 麦芽含有率 82% 麦芽、コーン、ホップ。

これもレッドビールです。しかし、これはまあまあ良かった(^o^)。オーク樽で二年以上熟成させたビールを若ビールとブレンドしてあるそうです。

そのせいか口当たりが良く、熟成させた酒特有の癖がマイルドになっていて美味いです。程よいアクセントになっている、と言いますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ

ベルギービール。

度数 6.2% 麦芽含有率 70% 麦芽、小麦、コーン、ホップ。

レッドビールってやつですね。アッシの口には合わんなあ^^;。オーク樽で熟成させているらしいんですけどね。ワイン系というかなんというか^^;。赤ワインが苦手なアッシには美味しくなかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングフィッシャー

インドのビール。

度数 5% 大麦麦芽、穀類、ホップ。

ホップの香りが高くて良い。凄く良い。しかしインドのビールなんて、あまり美味しそうじゃないけどね^^;。イメージ的に。

だが考えてみると、アメリカ、中国、フランス、イギリス辺りの酒は、あまり良くないような気もするね。良く考えると、ですよ? 

アメリカは大雑把だし、中国は^^;。フランスやイギリスは日本向けの奴は適当に作ってそうだ。

その点、ドイツは誠実そうだ。イタリアもいい加減だけど食には手を抜かないような気がする。

実際、第二次大戦のイタリア軍兵士の装備を見たら凄いんですよ(^o^)。食器類が(^o^)。

鍋が何種類もある^^;。煮込み用とか。戦争しに行ったのかピクニックなのか分からない^^;。

「朝は、パスタを食べたい」と言って車や機械の冷却用の水なんかも抜いちゃったっていう話がありますね。で、そこを攻められて負けたっていう^^;。

インドのビールとは全く関係ない所まで来てしまいましたね^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナミ

ハワイのビール。

度数 4.7% 大麦麦芽、ホップ。賞味期限 07・2

風邪ひいたのでよく覚えてません^^;。頭が割れるように痛かった^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cruzcampo 

スペインのビール。なんて読むのかな(^o^)? 考えてみるとスペインのビールを呑むのは初めてだ。

度数 5% 麦芽、穀物、ホップ、酵母、酸化防止剤(亜硫酸K)、安定剤(アルギン酸エステル)。

眠かったのでよく覚えてません^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可視の世界に光はなく救いもない 

不心得者は指先で十字架にぶら下がり 暗黒の淵に潜む龍の顎への転落を防いでいる 

天には十方界から集まった精霊たちが無量の至福を手に飛び回る

大宇宙の億年の時も カゲロウの束の間の生も 生と死の大海の前には無意味という疑いが晴れぬまま地獄の門扉の前に立つ

四散した魂は あるいは海水の中に あるいは砂利の中に 疾風に舞い霞の中に浮かび木の葉と共に舞う 

波に翻弄され淋しい岸辺に打ち上げられ白い泡となる

そのうちに書き直しますよ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初亀 岡部丸

命名、静岡県知事(^o^)。あの飲酒運転容認発言をしたオッサンです。なんて奴に命名させるんだよ(^o^)。

度数 16~17度 県産誉富士使用。 精米歩合 55% 日本酒度 +2 酸度 1,3

製造年月日 06・10 

初亀らしい綺麗な酒。しかし精米歩合が凄いな。吟醸並みだ。実際、吟醸みたいな呑み口でした。でも純米の重みもあり。良い酒です。県知事が命名してなきゃ、もっと良かった(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両関 カップ酒 本醸造

ここの純米しか置いていないという有名な居酒屋の話を聞いて以来、呑んでみたかったんですよ(^o^)。呑んだのは本醸造ですけどね。

秋田の酒か。

度数 15~16度 精米歩合 70% 

軽くてスッキリ、呑みやすい。美味いですよ、これ。

なんかしらんが、あっという間に呑んじゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンカップ大関 本醸造原酒

考えてみると呑むの初めてだ大関。

度数 19~20度 精米歩合 65% 

んー、なんかイマイチ(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気磁気治療3

なんか、あんまり効かなくなってきたような^^;。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

色々と減らしてます

サプリ類にクエン酸にプロティン。

ビタミンなんかは、まだ減らせるかなー? と思ったり。

クエン酸は涼しくなってから減らしてるんですけどね。急に酸っぱいものが食べたくなって困る^^;。特に寿司。やたらと寿司が食いたくなるんですよ。梅干とクエン酸で誤魔化してますが(^o^)。こうして書いている今も寿司が食いたい^^;。

あとアッシは、この時期の花粉に弱いんです。

調べてみたら、この時期の花粉は菊なんですねー。

庭に沢山生えてます^^;。親が栽培してるんですが来年からは止めてもらいます(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気磁気治療2

また行ってきましたよ。

疲れが取れた! ような気がする(^o^)。

頭がスッキリした! ような気がする(^o^)。

まだ二回しか行ってませんが結構、良いような気がします。

もう少し通ってみますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »