« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

小泉八雲顕彰文芸作品表彰式

行って来ました。場所は文化会館の三階です。なんというか思ったより大規模で^^;。驚きました^^;。もっとこじんまりとしたものを想像していたので^^;。

受け付けとかいてね。会場も思ったより広く、そして人が沢山。結構ノンビリとした気分で行ったんですけどね。緊張しました^^;。

賞状なんか貰ったのは子供の頃以来だ。図書カードも頂きまして(^o^)。これは結構、嬉しかった。

ちなみアッシの俳句ですが、どうも傾向が違ったようで^^;。

『八雲関連』ということで八雲のエピソードにちなんだ句を書いたんですが、どうも句の中に『八雲』と入れないと駄目なようで^^;。

アッシの句だけ浮いてましたね。

・夏祭り一本2銭のかざぐるま

例えばこの句はですね。夏祭りの日、八雲が屋台のかざぐるまを買い占めて近所の子供たちに配った、というエピソードからきています。そのかざぐるまの値段が1本二銭だったんですね。分かりにくいな(^o^)。

ま、それはそれとしてですね。次回は『怪談』をテーマに送ろうと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー モルトセレクション

カナダ産麦芽使用。リッチ&マイルドとか書いてあるな(^o^)。

度数 6%。麦芽使用量1.2倍(当社比)。

麦の味がしっかりしている上にホップも効いてる。これは美味いね。日本のビールじゃないみたいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武器武具職人展

見てきた。刀最高。甲冑も良かった。太刀の研ぎの実演や所有している刀の鑑定なんかをしてもらっている人がいたりと中々、面白かった。

ファンタジーというかゲーム好きな人は日本の武具類を馬鹿にする人が多いんですが、馬鹿にしたもんではない、というか世界的にみても優れていると思いますよ。

ありがちなのが「日本刀は使えない」っての(^o^)。

「三人も斬ったら斬れなくなる」とかね。お前は何人斬ったら満足なんだ(^o^)。

というか、大抵の刃物は切れなくなりますよ。脂で。

展示されている刀で、かなり細身なものがあった。

「こんな細くて斬れるんですか? 鑑賞用ですかね?」

「斬れますよ」

「江戸時代に作られた刀の中には、美術品的な価値は高いが、あまり斬れないものも多かった、なんて聞きますが」

「そんなことないですよ。斬れます」

そうだったのか。

甲冑も今日、展示されていたのは子供用の二十キロ、平安時代の三十キロ、江戸時代の四十五キロの3つなんですが、これは世界的に見ても重装ですよ。

それに子供用のは本当に子供に着せたんですが、結構、動けてました(^o^)。機動性は重要でしょ。

ちなみに、日本の甲冑は「シラミが凄い」とのこと。日本は蒸し暑いし鉄は熱くなるしで中々、大変なようです。

面白かったのは「戦場についたら大将は地味で目立たない鎧に着替えるんだよ」というの(^o^)。

確かに戦場で目立ったら駄目だよな(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田酒 純米大吟醸

でんしゅでしゅ。マークコールマンかってえの(^o^)。

青森の酒ですね。精米歩合は40%。度数 16~17度。

濃厚な味わいだが爽やかに喉を通りますな。果実香が強いがナッツのような香ばしさもある。

それらが渾然一体となった味わいが素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギネス フォーリンエクストラスタウト

度数 7.5度。

クリーミーで厚みがあるね。苦い。香ばしさも少しある。しかし苦いねこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松葉風呂

一月の薬湯であります。なんで、ありますとか言っているのかというとケロロ軍曹を読んだからであります(^o^)。

あれ面白いなー(^o^)。

ま、それはそれとしてですね。庭の松葉を適当に毟って洗って布袋に入れて風呂に放りこみました。

身体に当たるとちょっと痛いですが、暖まるし肌もスベスベになり良いですよ。保湿効果が高いのかなー? 毎日でも所望したいほどであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛良泉 山廃純米酒

ニヒラさんからの頂き物です。どうもありがとうございます。

度数 15~16度。精米歩合 58%。製造年月日 06・12。秋田県産美山錦100%使用。日本酒度 +4。酸度 1.9。杜氏 藤原長一(山内)。

以前も秋田の方から頂いたんですが、やっぱり美味いですなあ。

すっきリと呑みやすいのにふくよかな味わいで米の飯に良く合います。

山廃の酸味が実に程よくて良いんですよ。

美味い酒ですねー。どうも、ありがとうございました(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »