« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

にいはお

大井川の中華料理屋さんでございます。

アッシの俳句の先生の親戚がやっている、というので食べに行ってきました。

美味かったですw。お酒を燗してくれるんですよ。で、お通しのメンマとモツ煮がまた美味い。特にメンマが良い。黒胡椒が効いてて燗酒に合いますなあ。

こういうものが、ちゃんと美味い、というのは素晴らしいことですよ。

五目ラーメンも良かったし餃子も安くて美味かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴ リキュール

発泡性のお酒。兵庫県は西山酒造のお酒です。

度数 5%。いちご、レモン、果糖、醸造用アルコール。

甘いです。酒屋さんは「凄く美味い」と言ってたけど、そんなでもないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩錦 大吟醸

山田錦100%。精米歩合 40%。日本酒度 +5。酸度 1.2。

ここの酒は美味い。これは素晴らしい。そのまま呑んでも良いが鰻の白焼きなんかにも合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初亀 本醸造 荒ばしり

度数 15~16度。雄山錦100%。精米歩合 60%。日本酒度 +4。酸度 1.3。

製造年月日 07・12。

若い酒だけど硬さは感じられません。でもってねえ。美味い。ターキー、チキン、鴨、鰻の白焼き。全てに合いましたよ。

良い酒ですなあ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やきつべ

という蕎麦屋で先週、ざるを二枚。昨日、柚子きりを二枚たぐってきました。

冬至の日に柚子きり蕎麦を食べると金運が上がるのです。

市内で、柚子きりやってるのここだけじゃないかなー? 来年から岡部に移転です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結社に入りました

会誌が届きました。最高で五句載るんです。今回は三句載ってました。

正直、自信があったので「・・・・・・三句か・・・・・・」と思っていたんですが、初回で三句というのは珍しいそうです。普通は一句か二句で、それが結構、続くんだそうで。ほっほう。

でも実は五句載った場合の謙遜の言葉まで考えていたんですけどねーw。

「いやあ初回なのでオマケしてくれたんですよ」とかさw。

まあ皆さんから「初回から三句は凄い」と褒められたので良しとします。

しかし次回のは自信が無いんですよw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷愛子先生

文化の日に、短冊を頂きました。

凄まじや竹菅の透く昼の闇

下から見ても意味が通じますよね。

どの言葉もアッシの中に無いのです。勉強になりますな。

今月のNHK俳句に出ています。84歳には見えませんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本を処分

します。今回は活字も処分。

漫画や雑誌は処分するが活字はしない。がポリシーでしたが、あまりにも多すぎるので今回、思い切って処分しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉ゲー

ステカセ、ベンキ、スプリングマンの可愛さは異常。

岩。

打撃が使いにくいがマウンテンローラーとダイビング・ヘッド? が使える。

このゲーム、起き上がり状態が無敵なので。

黒穴。

ワープが使えない。殆ど意味無い。しかし背後にワープ→ジャーマンが決まった時は嬉しかった。アニメでは何故かジャーマンがタップを奪う技になってた。掛けてる方がシンドイってえのw。

動きが軽やかで良いね。特にアームホイップ。簡単に決まるので連発してサイクロン・ホイップを楽しんだりw。

ちなみに、アームホイップ、フランケンシュタイナーなど、技の入り方なんかが各キャラ違います。こういうのが嬉しいですな。

キッド。

技が荒々しくて良い。ファームが汚いんだよね。着地とか。だが、そこが良い! タックルもクワガタで力任せにいっている。だが、そこが良い!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画

ゴルゴ。

13恐怖症が良い。こういうゴルゴかんけーねー、という話が一番面白かったりしますな。

よつばと7巻。

神だ。風香は寝ている、横になっている、というより横倒しという表現が似合う。

スノウホワイト。

諸星作品は、こういうのが好き。ちなみに栞と紙魚子が深夜ドラマ化だそうです。見ないけど。クトゥルーちゃんと団先生の奥さんは誰がやるんだろうか。テケリ・リ! テケリ。リ! 

というか深夜でも放送出来ないネタが多くないか? バラバラや食人ネタ。

諏訪先生が季刊に移動か。

掲載が後ろなのは何時も真ん中辺の風に対して、編集部が気を使っているのかと思ってたがw。

オヤジ系漫画雑誌で描けば良いと思うんですけどね。内容はオヤジ向けだと思う。でも絵はオヤジ向けじゃねーよなw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来客が多い

貰い物も多いです。果物とか。蜜柑、柿、無花果など。100個単位で貰います。せっせと食ってます。檸檬も貰います。柚子も貰います。さすがに100個ではないですが。

魚も頂きます。大量に。鯵とか鯖とか。

アッシは、いわゆる大衆魚が好きなので嬉しいのです。

最近、飾るものが増えました。賞状とか短冊とか。

アッシは飾るものに興味が無いので賞状やトロフィーなんかはほったらかしなんですがね。

短冊は飾ろうかな、と。あと親父の賞状とかね。金杯や銀杯。

アッシも死ぬ前には銀杯の一つも貰いたいものです。

しかし、男で額に飾るものの一枚も無い人生というのもツマランものですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さるかにがっせん

恐ろしき蟹の鋏や柿の種

焼き栗が猿の顔撃つ囲炉裏端

水瓶に潜みし蜂が猿を刺す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志太泉 純米原酒 昇龍

名前の由来は朝比奈大龍勢だと思います。

3年に一度、全長10メートルを超える竹製ロケット花火を打ち上げるイベントです。

精米歩合 70%。朝比奈山田錦使用。朝比奈正雄・村越昇介栽培米。本名かな? 良い名前ですな。

製造年月日は09・07。

ここの純米酒は超お勧めです。本当に美味い。常温が特に良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッポロ ドラフトワン スパークリングアロマ

その他の醸造酒になります。

ホップ、糖類、エンドウたんぱく、カラメル色素。度数 4.5%。

美味しいけど呑み飽きする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネロ・パトラッシュ

ベルギーのビール。ラベルにネロとパトラッシュが描かれているんだけどね。結構怖いよw。絵。

ネロが度数7度でパトラッシュが8度。どっちも美味かったがよく覚えてないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルステン プレミアムビール

ドイツはハンブルグのビール。原材料は麦芽とホップ。

麦の旨みが良い。ホップが効いてる。美味いですな。黒い霧を晴らすようなビールですよw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターディームス ブルーベリーフィズ

ドイツのフルーツワイン。度数 5.5度。無着色無香料無酸味料。

仄かな酸味と甘み。度数も低くて呑みやすくて美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉錦 本醸造初じぼり きんの介

山廃仕込み。

日本酒度 +5。酸度 2.1。度数 19~20度。使用米 麹 静岡県産ひとめぼれ。掛 静岡県産あいちのかおり。精米歩合 70%。使用酵母 きょうかい7号。 

美味いですよ。酸味が良いね。原酒なので濃厚なんですがスイスイ入ります。

常温が特に良いですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八雲俳句

首のない死体が一つ冬の夜

木枯しや背負い子の首切り落とす

薄墨の空はくすみて波高し

仄かなる光一粒波荒し

波高し無情に荒き夏の海

波高し空虚の中を彷徨いて

波高く舟影もなく過ぎ去りし

波高し虚しさつのるばかりなり

漂流とか、あの辺を元に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フットマッサージャー購入

ちょっと良いやつね。5万ほどした。中々、気持ちが良い。親が「足がダルイ」と言う事が多いのでね。アッシも使いますが。

本当は交流磁気治療器が欲しい。60万。馬鹿兄貴がいなけりゃ余裕で買えてるんだけどねw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隻眼の文士二

戻り桜は儚く

虫の音は寥々として寂し

未知なる美しき国は遥かに遠かれど

放浪を愛す隻眼の文士

冬の夜に一人旅立てり

小泉八雲が亡くなる数日前に桜が咲き、飼っていた虫を「良き日を選び逃がしてあげましょう」と言い、亡くなる当日に「見たこともない美しい国」の夢を見た、というエピソードより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉錦 特別純米酒 きもと

静岡県産山田錦90%使用。精米歩合 60%。日本酒度 +6。酸度 1.9。製造年月日 19・11。

使用米90%とという所が誠実ですなあ。

常温、冷や、燗。全て美味し。特に燗がお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隻眼の文士

月輪は天を徘徊し

亡者は黄泉へと還る

灰は灰へと還り

世界を放浪せり隻眼の文士は

極東にて酒を呑む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »