« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

正雪 純米吟醸

商品名なんだっけ? 吟がとかだっけ? 150ミリリットル詰めのやつ。

度数 16~17度。精米歩合 50%。製造年月日 07・12。

以前、酒の会で呑んだが実に美味かった。確か2年古酒なんですよ。冷やでも良いが燗が絶品。実に美味い。またデザインも良い。素晴らしい一本ですよ。静岡のスーパーで見つけた時は嬉しかったw。

お勧めの一本ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初亀 樽酒

度数 15~16度。富山県産雄山錦使用。精米歩合 60%。日本酒度 +1。酸度 1.4。

酵母 静岡HD-1、自家培養。 

やっぱり樽酒は燗ですなあ。冷たいと味も香りも引っ込んじゃうんですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の新聞に

アッシの句が載りまちた。500円の図書カード貰いましたよ。おおー。

日曜掲載で図書カードが届いたのが火曜。仕事が早いですなー。

当人、図書カードが届いてはじめて掲載を知りましたw。

だって載るとは思ってませんでしたからねー。

でも気になるのは句が直されていたこと。よっぽど投句者が少なかったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいずみやくもぶんげい

賞を頂きまいた。

表彰式は来月17日です。2週続けて表彰式とはアッシも中々やりますなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道 紫芋焼酎

猪木プロデュースの焼酎です。猪木ときたら買うしかござんせんなあ。

焼酎は、あんまし好きじゃあござんせんが、これは美味かったw。

美味いよー。紫芋焼酎美味いよー。

度数25%と高めなので、お湯で割ったんですね。これが中々、美味い。だが冷めるとあまり美味くないw。

結局、ストレートでチビチビ呑むのが一番です。

焼酎にはまりそうですよw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プライベート 近藤勇・土方歳三・坂本竜馬

ラベルに顔写真が使われているビールです。

大麦麦芽とホップのみ使用。度数は4.5%。

土方のビールはキレがよくて美味い。夏場キンキンに冷やして呑むと最高じゃないかな? 冬呑んでも美味かったですけどね。

近藤と坂本はイマイチ。不味くはないけど、これといった特徴が無いのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

するがばいかぶんがくしょう

頂きますた。おおー。

選者は正木ゆう子先生と真鍋呉夫先生。特に正木先生はNHK俳句でもおなじみですね。

しかし。正木先生の前の選考委員はなんとあの。種村季弘です。あの種村季弘です。あーのーたーねーむーらー先生なのです。

5年早く始めていればと、思わないでもなくはないんですが仕方ないですね。

来月の表彰式には、ちょっと大胆に背中開けのキャミワンピを着ていこうと思います。なんつって。

今後の俳句人生に差し支えるような行動は、慎むべきだと思うのですよ。

しかしですね。「市レベル以上の賞を一つは取る」というのを今年の密かな目標にしておったとですよw。早々とw。はーやーばーやーとー。達成してしまいまいた。参った参った。

じゃあ、もう一つ取るというのを新たな目標にしたいと思います。

んー。でもあれですね。もう少しというか、もっと真剣に俳句やりますかね。いや勿論、今までも真面目にやっているんですが。今以上に。ということです。

取りあえず俳号貰えそうです。貰ったらハンコつくろーかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磯自慢 吟醸しぼりたて生原酒一年寝かせ

と今年発売のを呑み比べ。

1年くらいでは、それほど変わらないかなー、と思ったんですが違いますね。

どちらも美味し。寝かせた方が味がこなれていて良いと思う反面、生原酒の荒々しさも素晴らしいと思うわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みちさかり 純米大吟 あぺりていふ

日本酒度 -30。酸度 2.8。山田錦使用。精米歩合 40%。製造年月日 07・06。

ここ辛口が特徴じゃなかったっけ? 

日本酒度-30だけあってさすがに甘い。しかし甘ったるい、というほどでなく心地よい甘さ。悪くないですね。沢山は呑めないので食前や寝酒に良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば

先月、アッシの句が新聞に載りました。

まあいいんですけどね。一応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八雲俳句 焼津にて 怪談・奇談

盆の夜送り火行事焼津にて

遠き沖蛍火長く焼津にて

伊予の国和気郡に咲く冬桜

暑き夜墓に端座す琵琶法師

首下げた坊主おりけり夏の山

ヘルン去り漱石来たり冬の雷

三句目は十六さくらより。

最後のは八雲の後任に漱石が来て揉めたということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »