« 更に落選句 | トップページ | 7月の俳句 »

落選句について聞いてみました

潮干狩り海引きゆけば裸足の子

悪くないけど、引くでなく退くの方が良い。あと潮干狩りといえば裸足が普通。

風上で屁一つひって春疾風

盃を空け涼風を袖に入れ

この二句は古くさい、とのこと。いかにも「俳句っぽく書いてみました」というのが見える。

確かにアッシは俳句っぽくて良い句だと思ってたんですがw。

人魚(シノシス)の身を溶かしたる春の潮

これは入選句ですが、人魚と書かずに最初からシノシスと書いたほうが良い、とのこと。

基本的にルビは良くないそうです。水原秋桜子先生は、どんな良い句でもルビが振ってあったら取らなかったそうです。

二タ重虹ふだらく渡海熊野那智

ふたえにじふだらくとかいくまのなち

角川の予選通過句ですが、ふだらくは平仮名の方が良い、とのこと。

アッシは全部、感じなところが面白いと思ったのですが、一部、平仮名にした方が柔らかくなって良いとのこと。

あと二と重の間に小さい『タ』を入れると良い、とのこと。

|

« 更に落選句 | トップページ | 7月の俳句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147837/42041227

この記事へのトラックバック一覧です: 落選句について聞いてみました:

« 更に落選句 | トップページ | 7月の俳句 »