« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

甘いの

マイヤーズ・ラム。キルシュ(桜桃)。フランボワーズ(木苺)。

キルシュとフランボワーズは製菓材料用のフルーツ・ブランデーで度数は45度。

普通にのんじまいましたが(^o^)。

どれも甘くて美味しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣菱 瑞穂黒松剣菱

度数 17度。

古今第一というフレーズが良いねえ(^o^)。こういう臆面もないのが好き(^o^)。

大メーカーの酒も呑んでみようと思い購入。

それほど美味いとは思わなかったけど結構、スイスイ呑めたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

才助 杉錦米焼酎

麹米 静岡県産 ひとめぼれ65%精米。掛米 愛知の光75%精米。黄麹。

静岡HD-1、NEW-5(清酒酵母)使用。蒸留 常圧式。度数 25.5%。

アッシには珍しく焼酎。ニュースで杉錦の社長さんが「大変」、と言っていたので購入(^o^)。

誠実な造りをしているところが迷惑するのは可哀想ですねえ。蔵に行ったことはありませんが(^o^)。いや、誠実な造りをしていると思いますよ。杉錦は。素人が言っても説得力はないでしょうが。

アッシは焼酎苦手なんですが、これは美味かったですね。米の旨みが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドの青鬼

度数 7%。

インドへの航海のために作られた劣化しにくいビールだそうです。

ホップをたくさん使い度数を高くして保存性を高めたんですね。

苦くて美味いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モルツ ダークビター

度数 5%。

粒選り麦芽100%とある。しかし、なんというか、あんまりこれといった特徴は^_^;。

悪くないけどねー。いつの間にか呑み終えてた(^o^)。もう少し癖があってもいいような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予選は通っていたよ

宇治田原町の俳句大会です。お茶のやつ。

応募3400句超で予選通過100句なので、まあ良しとするか。というところなんでしょうが正直、また予選通過止まりか^_^;。というのもあります。

中々、上に行けない。今年何度目の予選通過止まりじゃ^_^;。

うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念品

明治天皇の歌集。御製というそうですが。

箱入りのボールペン。これが凄い(^o^)。まず箱が立派。そしてボールペンも凄い。木の部分がなんかウイスキー樽。そしてアッシの名前と献詠短歌大会云々と彫ってあるんですよ。

それらを書いた目録。これがまた素晴らしい。

和紙に達筆でアッシの短歌と記念品と短歌大会云々と書いてあるのです。

あんまり立派なので額に入れてしまいました(^o^)。

一生の記念になります。

あ、あと羊羹(^o^)。明治天皇は羊羹がお好きだったそうです。

この羊羹も美味かった(^o^)。

出来れば次回も頂戴したいです。

そう上手くはいかないでしょうけどね^_^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あびるでなくてあるご

アッシは大雑把な人間なのですよ。

朝刊に、あるご主宰の藤岡先生が出ていました。

19日は少しお話させて頂いただけなんですが、大変エネルギッシュな方で。

まさか82歳とは^_^;。

見えないですよー。というか皆さん元気ですよねー。

んー。どうもアッシは元気が無くていけんですねー。

どうすれば元気になれるんですかね? 

取りあえず兄と縁が切れれば良いんですが(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献詠短歌大会

当日は、お二人の方と親しくお話しさせて頂きました。

隣の席に座っていた方は、「おお、これが老婦人といふものか」と思うような上品な方でした。

アッシはマグレで特選を頂きましたが、短歌は初心者なので色々と質問させて頂きましたよ。

素晴らしいと思ったのは、お孫さんも去年、児童生徒の部で賞を取っているということ。しかも小学校4年生なのに英検に合格しているという。

やはり子供の教育には両親だけでなく、お爺さんお婆さんの力も欠かせませんね。

品性に知識、人間性に影響しますよ。子は親の鏡と言いますが、その上の代が、どういう人間かも分かるというものです。

もう一人の方は浜松の方で、帰りをご一緒させて頂きました。

なんと81歳。娘さんの代理で来た、というんですが普通は逆だよな(^o^)。

前日、東京に一泊して美術館巡りをしたそうです。

小柄な方でしたが大変、エネルギッシュでさすがは、やらまいかの浜松(^o^)。

しかし俳句・短歌をやっている方は元気ですよ。驚きです。アッシの方が爺さんみたいです(^o^)。

で、お二人から、それぞれの結社に誘って頂いたのですが、どちらも帯に短く雑巾に長しといったところで^_^;。

あびるとコスモスの方なんですが、あびるは私を詠む結社。コスモスは歌会の場所と時間が少し合わないんですねー。

島田であるんですが平日でして(>_<)。浜松や富士宮ではちと遠いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと

どなたかアッシを句会・歌会・結社に入れても良い。という方はいらっしゃいませんかね? 

句会・歌会は静岡県中部で日曜にやっている所が希望です。

短歌は私よりも自然を詠みたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第119回明治神宮献詠短歌大会

行ってきました。色々と驚いてきました(^o^)。

なんというかビギナーズ・ラックすぎて、すっげえ場違いな所に行ってしまった、というか^_^;。

例をあげるとですね。神前で披講して頂いたんですがね。アッシの短歌。

新蕎麦の香り嬉しき昼下がり一夏越した酒も美味かり

これを六人がかりで五分くらいかけて詠み上げるんですよ^_^;。

しかも詠むのは、歌会始で皇室の方の歌を詠む方たちなんですね。

そういう方たちが招かれて、詠んでくださるわけです。

ひいいいいいいいい^_^;。

で、計六首が披講されたんですが、そのトップがアッシ。最後が三笠宮妃百合子殿下の歌でござんす。

ひいいいいいいいいいい^_^;。

そんな感じで大変に緊張してきました(^o^)。

もう二度と特選なんかとれねーだろーなー^_^;。

しかし、これがキャリア・ハイにならないように頑張りたいと思います。

なんとか入選(^o^)。なーんーとーかーにゅーうーせーんーですよ(^o^)。

そういや。

>湘南(拡大解釈)の風さん。

試験どうでした? せっかく明治神宮に行ったので、合格を祈念しようと思ってたんですが、自分のことに精一杯で忘れてました。

というのは冗談で、時間が無かったとですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

某新聞に句が載る

真珠産む海美しき志摩の夏

とにかく心まで清まる美しい句。涼しさまで漂う。

というコメントを頂きました。

さすがは有馬ひろこ先生。恐ろしいまでに的確な批評です。やはり一流の先生は違いますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セバスチャン・グランクリュ

ベルギービール。度数は8度。

これも呑みやすかった。量は500ml。そして度数は高め。しかしそれを感じさせないところが良いです。

まあアッシの体調が良い、というのもあるんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セバスチャン・ダーク

ベルギービール。度数は7度と少し高め。

意外と呑みやすい。陶器に入っていて量は500ml。でも案外あっさり呑んじゃいましたね。

でも高い(^o^)。1260円(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若竹 秋の生一本

度数 16~17度。精米歩合 60%。日本酒度 +3。酸度 1.4。アミノ酸度 1.2。

若竹の酒は固いことが多くて、あまり好きじゃないんですが、さすがにひやおろしは、そんなことないですねー。よくこなれていて美味かったです(^o^)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと

明治神宮にてアッシの短歌が披講されることになりました(^o^)。おおおおおおおおお。

特選10句の内、3句が披講されるんですね。それに選ばれたのです。おおおおおおおおお。

と喜んだんですが多分、参加者が3人だけなんでアッシのが選ばれたんじゃないかと(^o^)。

それにしたって光栄なことですよ。

エステに行こうかしら? とか思ったり(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »