« セバスチャン・グランクリュ | トップページ | 第119回明治神宮献詠短歌大会 »

某新聞に句が載る

真珠産む海美しき志摩の夏

とにかく心まで清まる美しい句。涼しさまで漂う。

というコメントを頂きました。

さすがは有馬ひろこ先生。恐ろしいまでに的確な批評です。やはり一流の先生は違いますね。

|

« セバスチャン・グランクリュ | トップページ | 第119回明治神宮献詠短歌大会 »

コメント

いよいよ3日後だな。

なんかドキドキしてきたよ。

ところでどのあたりでボケをかますの?

「わったし、日本語しゃべれませーん!。」って言ったら受けると思うよ!

投稿: 湘南の風 | 2008年10月16日 (木) 18時59分

んー。特に緊張はしてないよ。
披講といっても自分で詠むんじゃないんで。
それにビギナーズ・ラックの物凄いやつ、というのは自分が一番、分かっていることなんでね。
当日は、審査員の先生方や他の受賞者の方達とお話しさせてもらって、少しでも勉強したい、というね。
うん。色々と教えてもらえると有難いね。
ボケに関しては、披講の最中に加藤茶のようなクシャミをするとか、賞状を頂く際にビートたけしのようにコケルとか考えはするけど、やらないよ(^o^)。
タイガーマスクの覆面をしてタンカー・マスクとかスタン・ハンセンじゃなくてスタン・カンセンとか、ツタン・カーメンとかね(^o^)。
思いつくことは思いつけど(^o^)。
初心者がたまたま賞を頂いただけだからね。失礼になるようなことはしないよ。
こういう賞を10も貰うようになったらワカランけど(^o^)。

投稿: あく文 | 2008年10月18日 (土) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147837/42696438

この記事へのトラックバック一覧です: 某新聞に句が載る:

« セバスチャン・グランクリュ | トップページ | 第119回明治神宮献詠短歌大会 »