« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

自由律二十句

しんはいくじんれんめいしょーで一点入ってました(^o^)。

アッシにとっては大きな一歩なのです(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっふっふっ3

たんかけんきゅうしんじんしょうで予選通過でござんす。

通過しないよりはマシという程度の話ですがね。

取りあえず方向は、それほど間違っていないと思うのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっふっふっ2

今日発売のNHK短歌にアッシの歌が載っているでござる。加藤先生に取って頂いたでござる。

人ならばどんな人かと思いける上田良子という名の土地よ

きっと背が高い文学少女だと思いますよ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっふっふっ

全日本短歌大会で選者賞を頂戴したでござる。

上に三人しかいないからアッシにしては上出来でござる。

確か歌人クラブの会員になれるんでしたっけ? なれるんだったらなりますなりますなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に

親父と将棋を指した。アッシの親父は四段で県のCクラスで優勝経験があるんですが、そろそろ勝てるかなー? と思って指したんですが、結局2連敗。

二局目は一手一手だったんですけどねー。惜しくも打ち歩詰めで(>_<)。ああもう(>_<)。

序盤が弱いんですよねー。ハチワンシステム目指してますんで(^o^)。

振ると見せかけて居飛車。居飛車と見せかけて振る。こっちから攻めると思わせて端歩。

変幻自在を目指しているのですよ。

棋力の無い人間がやると無茶無謀(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとビックリ

俳句・短歌の本をどおぉぉんと読んでいたら、夏目雅子と。

え? と思い検索すると、やってたんですねー。俳句。しかもこれが良い。実に良い。

山頭火や放哉がお好きだったそうです。ほっほう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞に

藤岡先生の歌が載っていた。静岡を代表する歌人の一人とあり、

天皇の放送知らず その時間友らの死骸を焼きて居たりき

凄い歌ですね。改めて一流の先生に教わっているんだなあ、と思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞に

藤岡先生の歌が載っていた。静岡を代表する歌人の一人とあり、

天皇の放送知らず その時間友らの死骸を焼きて居たりき

凄い歌ですね。改めて一流の先生に教わっているんだなあ、と思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某新聞に歌が載る

赤い髪をからかわれたら石板で殴れとありし『赤毛のアンに』

米川千賀子先生に取って頂きました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週

俳句を160。短歌を40ほど書きました。

まあ、こんなもんかな? どっちか一本に絞った方が良いとは思いますが、質はともかく量はそこそこ書けてますからね。

書いたものの管理となると、あんまり沢山だと面倒なので、当分は両方やる感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磯自慢 大吟醸純米

久しぶりに呑んだね大吟醸。最初は「味が濃いいいいぃぃぃぃぃ(>_<)」という感じでしたが、呑みなれてくと、やっぱ美味いわ(^o^)。

でも嫌いな人がいるのも分かるね。「甘く」感じる。「旨い」んだよ(^o^)。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »