« 表彰式でした。 | トップページ | ふるさと焼津短歌大会2 »

ふるさと焼津短歌大会

それにしても田中先生は腰が低くて人当たりが良い。アッシも見習わなければいけませんな。

で、小島先生に図々しくも色々、質問させて頂きました。

まず水甕では25時、26時などの表現は駄目らしいが、どうでしょうか? また造語も良くないそうですが、どう思いますか? 

「私は水甕ではないので、良く分からないが別に良いと思う。『25時』という歌集もあるし。

造語も程度問題で線引きが難しいが良いと思う。昔、新人賞でだらだらすることを『クラゲる』と書いた人がいて、これはちょっと、となったが岡井隆先生が昔は『夕暮れる』という表現は無かった。明治になり歌人が名詞の『夕暮れ』に『る』をつけて動詞の『夕暮れる』にしたんだから、と言って一同、一理あるか、となった」というようなことを言っておられました。

その一方で『ビル』では駄目。『ビルディング』じゃないと。という先生もいる。ちなみに愛知県では『ビルジング』という。

といった話をされていました。

眠いのでさらに続く。

|

« 表彰式でした。 | トップページ | ふるさと焼津短歌大会2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147837/53911511

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと焼津短歌大会:

« 表彰式でした。 | トップページ | ふるさと焼津短歌大会2 »