« 英君 燗純米 | トップページ | 仏足石歌 »

旋頭歌ya

五七七を2回繰り返した6句からなり、上三句と下三句とで詠み手の立場がことなる歌が多い。頭句(第一句)を再び旋(めぐ)らすことから、旋頭歌と呼ばれる。五七七の片歌を2人で唱和または問答したことから発生したと考えられている[1]

|

« 英君 燗純米 | トップページ | 仏足石歌 »