色々。

去年はあれから掛川城行った時に投句したので500円の図書カードもらいました。

名前書き忘れてたんですが(^^ゞ。届くもんですねー。

今年は地元新聞の新春読者文芸で三席。一万円の図書カードを頂きました。

あと短歌結社の奨励賞を頂きました。副賞が立派な盾で(^v^)。

嬉しかったですねー(^v^)。精進しないといけませんな!

あと、将棋の一番下のクラスで五位決定戦に出ることになったんですが、相手が子供だったので譲りました。

しかし、正直、将棋はもう良いですかねー? めんどくさくなってきた(^^ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじさんさいじき

百句の中に入ってました(^v^)。

短歌の方はダメでしたが(^^ゞ。

藤岡先生は入ってましたがねー。ダメな弟子で申し訳ない<(_ _)>。

蛇穴を出で大富士を拝しけり

あと、もんじゅやまはいくしょうというので佳作でした。

優秀賞は句碑になるそうです。くーひーにーなーるー。

アッシは今一つ詰めが甘いというか、中々一番良い賞が取れませんなあ。

花びらのやうに金魚の透き通る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいずみやくもけんしょうなんとか

短歌5首送って優秀賞でした。

今日、表彰式だったんですが、久しぶりなので思ったより緊張(^^ゞ。

トルコの人の随筆を投稿していて驚いた。

あと、こういう賞に送る子供は、しっかりしてますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏足石歌

仏足石歌の歌体はすべて五・七・五・七・七・七の6句からなり、6句目はその前の5句目を言い換えたものが多く、この歌体は結句を繰り返して歌う上代歌謡に起源をもつといわれている。また、この歌体はほとんどが仏足跡歌碑に見られることから、仏足石歌体と呼ばれている。

御足跡作る 石の響きは 天に至り 土さへ揺すれ 父母が為に 諸人の為に

  • 「御足跡(みあと)」は単に「御跡」と表記されることも多い。

今年はこういうのも書いてみますかね? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旋頭歌ya

五七七を2回繰り返した6句からなり、上三句と下三句とで詠み手の立場がことなる歌が多い。頭句(第一句)を再び旋(めぐ)らすことから、旋頭歌と呼ばれる。五七七の片歌を2人で唱和または問答したことから発生したと考えられている[1]

|

最終選考。

ふじさんさいじきという賞の最終選考に残った、という電話がありました。

でもこの賞は100句選ぶんですね。100句の中から更に上位何句とかあったっけ?

取りあえず100句に残っていれば嬉しいんですけどねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某新聞に句が載る。

タゴールの詩の舟浮かぶ夏の夜

有馬先生に取ってもらいました。もうちょっと前なんですけどねー。

以前は掲載まで2カ月ほど? でしたが3か月ほどかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演。

小島ゆかり先生の講演を聞きに島田の図書館に行ってまいりやした。

サインしてもらいました(^v^)。2冊も(^v^)。

人は結構いましたが男はアッシ含めて2名。やはり年齢層高いです。

若い人来ませんねー。田舎ですからねー。というか数年ぶりに島田に行ったんですが、寂れっぷりに驚いた(^^ゞ。

日曜の昼過ぎなのに、駅前にほとんど人がいない。

でもって開いてる店も少ない。というか図書館て数年前までスーパー?だったんだが(^^ゞ。

それはそれとして。

角川短歌賞や歌壇賞で、こういうのはダメ。ムリ。というのはどんな作品でしょうか? と質問してみました。

姑など個人の悪口を書いているもの。(社会に対する不満等は良い)。

誤字・脱字など間違いの多いものはダメ、とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふじさんはいく入選。

初富士を螺旋の粒として眺む

で、ござんした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出したので書いておく

説明の動詞と言いて白秋が嫌いしをりを慎みて使う(高野公彦)

このパロディで、

散文のリズムと言いて公彦が嫌いし四四を慎みて使う(小島ゆかり)

俳人・歌人は制約を設けるより何でも使った方が良いですな。

小島先生も、今は新しいものや実験的なものが受け入れられやすい時代、という感じのことを言っておられましたし(うろ覚え)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧